腎不全の治療として必要な人工透析│夜間透析について調べる

男女
  1. ホーム
  2. 肺がんの分類

肺がんの分類

白衣の人

肺がんの仕組みとその分類分けについて

日本人に多いとされる肺がん。この肺がんが起きる理由としては喫煙や生活習慣が影響しています。しかし、喫煙を行なっていない方でも肺がんは起こりうる病になっています。がん自体は元々健康な細胞だったものが突然異常を起こし変化したものになるので、何がきっかけでがんになるのかが未だに解明されていません。そのため、どの年代でも男女問わずがんの病を患ってしまう可能性というのはあるのです。肺がんという病気はもう少し細かな分類に分けることができ、その分類によって治療が変わってきます。

肺がんの種類とそれらのがんの特徴

肺の中には無数の腺があり、その腺が酸素や血液などを肺などに提供しています。その腺にがんができてしまうと肺腺がんというものになります。肺腺がんは喫煙をしていない方にできる肺がんの一種とされており、また肺がんの多くがこの肺腺がんと診断されています。肺腺がんの特徴としては腺にできてしまうというより腺の先にできることが多いです。無数にある腺のその先々でできてしまうと治療も難しくなることが特徴とされています。
肺腺がん以外では喫煙が影響している扁平上皮がん、がん細胞自体が細胞に大きくできる大細胞がん、肺の入り口付近にできやすく、がんの成長が早いことが特徴的な小細胞がんといったものになります。それぞれ特徴があるのでこれらを知っておくことで自分自身の体に異変が起きた場合に対処がしやすくなるでしょう。おかしいと感じることがあればすぐさま専門医に診せることが重要です。進行の早いがんは早期発見が大切になります。